『銀行──2014年度版 』

デフレ経済下で高度経済成長時代とは異なる
新たなビジネスモデルを模索する銀行業界
メガバンクの現状・戦略、
ネット銀行、地域金融機関の最新動向から
組織、仕事、福利厚生まで
いまの銀行がもっともよくわかる本!

ISBN978-4-7825-3352-6
業界研究の定番!
ジャンル
産業と会社研究シリーズ  
タイトル
銀行──2014年度版
サブタイトル
最新データで読む産業と会社研究シリーズ 2014年度版 series-3
著者・編者・訳者
齋藤裕監修
発行年月日
2012年 10月 20日
定価
1,404円
ISBN
ISBN978-4-7825-3353-6 C0334
判型
四六判並製
頁数
204ページ

ネット書店で注文

紀伊國屋BOOKWEB
amazon.co.jp
boox store
honto
7net

内容


業界研究クイズ あなたの業界研究習熟度診断
銀行業界最新レポート
 メガバンク、ネット銀行、地域金融機関の現状と戦略
銀行業界の仕事と組織と収益のしくみ
 貸付、為替などの伝統業務から投資銀行部門まで
大手銀行の実力比較
 金融危機で変動するボリューム、業績・融資、財務
給与と待遇
 収益貢献重視の人事考課制度と手厚い福利厚生
銀行業界の採用状況
 追加基調に転じる銀行業界
銀行業界企業データ

目次


銀行業界研究クイズ 2

はじめに 5

第1章 銀行業界最新レポート・大手銀行編 15
 転換期を迎えている日本の銀行 16
  足下の利益は出ているが 16
 二〇一二年三月期決算から見る銀行業界 18
  国債保有は諸刃の剣 18
 依然低調の融資業務 20
  今後増える不良債権処理も重荷に 20
 総合金融化で個顧客囲い込み 22
  難しい多角化戦略の展望 22
  マーケット縮小に悩む証券業務 23
  低迷する消費者金融 25
  残高低迷に悩むカードローン 27
  戦略の見直しが始まった保険窓口販売 29
  激しさ増す超富裕層獲得戦 31
 焦点は海外業務 34
  欧州危機を好機と返り咲きを図るメガバンク 34
 金融規制の影響は 38
  欧邦銀への自己資本比率アップが懸念材料に 38
 不気味な影を落とす欧州金融危機 42
  投資マネーが仕掛ける「日本売り」懸念も 42
 合従連衡でメガ信託誕生 44
  メガバンクから距離を置き、専門性を維持 44

第2章 銀行業界の仕事・組織と収益のしくみ 47
 代表的な金融機関と役割 48
  生活に最も身近な普通銀行 48
 銀行の主な仕事とは何か 55
  周辺業務は規制緩和が進む 55
  信託銀行の「信託」業務とは何か 61
 銀行業界発展の歩み 66
  普通銀行の歴史を振り返る 66
  信託銀行の歴史を振り返る 68
 本店・支店は銀行組織の両輪 70
  機能別に九部門に分かれる 70
  事業分野ごとに分社的経営を推進 72
 支店は金融機能の最前線 76
  銀行員人生の出発点 76
  地域に生きる銀行員になる 78
  支店長は「一国一城の主」 80
 審査部門は健全経営のチェック役 82
  バブル経済の反省から 82
 投資銀行部門は収益の柱 84
  M&Aの陰の立役者に 84
 国際部門は海外進出の担い手 86
  アジアを中心に再進出 86
 ディーリング部門は知恵と情報で勝負 89
  収益を左右する一瞬の決断 89
 調査部門は顧客志向で時代を読む 91
  コンサルティング業務も大きな仕事 91
 システム部門は情報化時代の主役 93
  文系出身者も活躍 93
 変化する採用コース・キャリア形成 95
  待望の職種へのチャンスも広がる 95
 銀行業界の業風・行風は? 97
  「都銀懇」は銀行業界の参謀本部 97
  微妙に異なる都銀の行風 99
 銀行の収益のしくみは? 101
  三本柱の銀行収入 101
  「経常収益」が一般企業の売上高 103
 大手銀行の実力を比較してみよう 105
  ボリューム編 105
  業績・融資編 110
  財務編 114
  総合編 116

第3章 銀行業界最新レポート・地域、中小金融機関編 121
 存在感を高めているネット銀行 122
  大和証券系「大和ネクスト銀行」が新参入 122
 地銀二〇一二年三月期決算 125
 地元企業の再建・復興遅れが懸念材料 125
 避けられない再編――地方銀行 127
  公的資金注入が再編のきっかけに 127
  公的資金注入と金融庁ぼ思惑 129
  バーゼルⅢ導入による影響 131
 地域金融機関も海外の活路を求める 133
  ターゲットはアジアの進出企業支援 133
 リレバンで中小企業の経営支援 135
  金融庁が積極的に推奨 135
 今後も続く信金・信組の統合 135
  大手銀行による取引先の一本釣りも続く 137
 ゆうちょ銀行が地域金融機関経営を圧迫 140
  住宅ローンに本格参入 140

第4章 銀行業界の勤務条件と待遇 143
 時短の勢いは後退か 144
  サービス残業廃止だが 144
  有給の「積立休暇」も 146
 資格・役職制度は明快 148
  資格試験と人物総合評価が昇格の基本 148
  取締役就任は狭き門 150
 人事考課は収益貢献を重視 152
  金融商品の販売実績を評価 152
  オープン考課制度で動機づけを高める 154
 異動と転勤のローテーション 156
  一カ所に平均三年が基本 156
 給与体系はトップクラス 158
  三〇代で「一〇〇〇万円プレーヤー」に 158
  職務給重視の給与体系が主流に 161
 退職金は役職により大きな差が出る 162
  年々早まる退職勧奨 162
 研修制度はバックアップ体制が充実 164
  超難関の海外留学試験 164
  独自色の強い研修制度も 166
 低利融資で持ち家率は高い 170
  住宅融資制度も恵まれている 170
 福利厚生も至れり尽くせり 172
  病気療養でも優遇される 172
 女性の活躍も目立つ銀行業界 174
  一般職は営業渉外へ期待高まる 174
  女性行員にとって働きやすい環境に 176

第5章 銀行業界の採用状況 179
 増加基準に転じる銀行業界の新卒採用 180
  大手行の一二年度採用実績は前年度比二〇%増に 180
  地域金融機関で初任給引き上げの動き 182
  一三年度はグローバル人材の確保など三割が増加 183
  メガバンクを中心にキャリア採用にも積極的 184

第6章 銀行業界企業データ 187
  みずほフィナンシャルグループ 188
  三井住友銀行/三菱東京UFJ銀行 189
  三菱UFJ信託銀行 190
  三井住友信託銀行 191
  横浜銀行/千葉銀行 192
  常陽銀行/群馬銀行 193
  中国銀行/十六銀行 194
  百十四銀行/スルガ銀行 195
  大垣共立銀行/武蔵野銀行 196
  秋田銀行/愛知銀行 197
  山梨中央銀行/千葉興業銀行 198
  阿波銀行/岡崎信用金庫 199
  岐阜信用金庫/川崎信用金庫 200
  浜松信用金庫/横浜信用金庫 201
関連情報
タグがありません