『「非常識」を「常識」にして成功する経営』

人生、ひとつも無駄なことはない

ISBN978-4-7825-3384-0
中学受験のトップブランド日能研グループはなぜ急成長を遂げることができたのか? 「小嶋勇」という生き方を通して中小企業の「本物の経営」が見えてくる! 大企業人は読むべからず。
ジャンル
一般・その他  
タイトル
「非常識」を「常識」にして成功する経営
サブタイトル
人生、ひとつも無駄なことはない
著者・編者・訳者
著◉小嶋勇  構成◉高嶋健夫
発行年月日
2014年 1月 10日
定価
1,620円
ISBN
ISBN978-4-7825-3384-0 C0034
判型
四六判並製
頁数
224ページ

ネット書店で注文

紀伊國屋BOOKWEB
amazon.co.jp
boox store
honto
7net

著者・編者・訳者紹介

著者:小嶋勇(日能研理事長・日能研関東会長)
構成:高嶋健夫

内容

プロローグ まだまだ言いたいことがある

第1章 経営者は「自分との約束」を守れ
第2章 弱小企業だからこそ、できることがある
第3章 ビジネスは恋愛、お客さんは恋人だ!
第4章 「利益」とは「お客に感謝された残り」である
第5章 世の中の風を読めない経営者は勝てない
第6章 社員を愛し、社員の8割を味方にせよ!
第7章 脱・中小企業戦略──こうして踊り場を突破せよ
第8章 引き際は潔く、最後の仕事は「社会への恩返し」

おわりに 会社には、まだ半分やるべきことが残っている

巻末付録1=経営者の心構えを再点検する10の質問
巻末付録2=社員と会社を伸ばす10の質問
カテゴリ[一般書・ビジネス書]関連書籍
タグがありません