『出版──2018年度版』

デジタル化の進展と取次システムの崩壊で、
出版業界はどうなる?
出版社、取次会社、書店の仕事のこれまでとこれからを知るための一冊。

978-4-7825-3448-9

●最新情報を更新し毎年リニューアル!
●業界研究書の定番!

本シリーズは業界研究書のトップブランド。
最新データにもとづく業界動向や、業界・主要企業の成り立ち、
仕事の内容、働き方などをわかりやすく解説する定番書として、
発刊以来、就職活動はもちろん、
新人研修や取引先のリサーチなどに幅広く活用されてきました。

ジャンル
産業と会社研究シリーズ  
タイトル
出版──2018年度版
サブタイトル
産業と会社研究シリーズ 2
著者・編者・訳者
植田康夫監修
発行年月日
2017年 2月 28日
定価
1,404円
ISBN
ISBN978-4-7825-3448-9 C0334
判型
四六判並製
頁数
256ページ

ネット書店で注文

紀伊國屋BOOKWEB
amazon.co.jp
boox store
honto
7net

内容


業界研究クイズ“出版業界編" あなたの業界研究習熟度チェック
出版業界最新レポート 生き残りを賭けた産業構造の転換期
出版業界はどこへ行く? 低迷する業界で若い人たちに託されたもの
出版社の職種 裏方の存在があって成り立つ業界
編集という仕事 イメージとは異なり現実は厳しい編集の仕事
営業という仕事 営業力の優劣が出版社の行方を左右する
販売・流通の現場から 版元営業、取次、書店の第一線で活躍する業界人のホンネ
出版業界はいま 各社プロフィール、出版社の住人を広角度から見る
出版業界の待遇と勤務条件 大手から中小・零細までさまざまな業界
出版業界企業データ

目次


出版業界研究クイズ 2
はじめに 5

第1章 出版業界最新レポート「文化通信」常務取締役編集長・星野 渉 15

取次システムの崩壊と独立系書店の胎動 〜2016年の出版業界と今後の見通し〜 16
「雑高書低」が逆転 16
 「取次システム」の崩壊が明らかに 16
 進む資本の集中化 17
 最大手が「常識」を覆した紀伊國屋書店の「買い切り・直仕入れ」 18
 「買い切り・直仕入れ」の理由は4つ 20
 取次システムの崩壊が背景に 21
 書店マージン拡大の試み 22
 電子出版市場は29・4%の伸び 23
 電子の収入が支える大手出版社の業績 24
 作品が生まれる場がネットに 25
 拡大する読み放題サービス 27
 流通側から懸念の声 28
 変わる「街の書店」 29
 人が集まるパウエルズ・ブックス 30
 世界で進む書店の個性化 31


第2章 出版業界の組織と業態 33

出版業界はどこへ行く?
〜転換期を迎えたいま、若い世代に託されるものは大きい。 34
 社会の一員としての職業人 34
 休刊誌続出は、陣痛の始まり 37
 まず、業界の現況を知ることから 41

出版業界・入門篇
〜知っているようで案外知らない出版界の仕組みを、まずは押さえておきたい。 44
 出版社って何社あるの?――4分の3以上が東京に集中 44
 出版界フィールドワーク――プロにも"全景"は見えない? 46
 100人でも大手?――大社屋からマンションの一室まで 48
 従業員数バラエティ 50
 カバーひとつから、出版人の日常が見える 52
 棚差しと平積み――3つの熱意の邂逅 54
 「あなたの本、取り次ぎます」――本が読者に届くまで① 56
 同人誌御一行、書店の旅――本が読者に届くまで② 58
 書店の「棚」はこうして決まる――本が読者に届くまで③ 60
 CVSと「街の本屋さん」と――激震、書店業界 62
 一冊一冊が独立事業――本と炊飯器の違いとは? 66
 企画集団徘徊す――編プロはただの下請けにあらず 68

出版社の職種
〜徹底した細分化方式の大手と"脱領域"の中小と。出版社の機構は、人員規模によりがらりと変わる。 70
 小さければ二役、三役――組織形態さまざま 70
 小学館の社内職制図 72
 会議は叫ぶ――編集VS営業 74
 出版企画書仕様見本 76


第3章 編集という仕事 77

編集者の世界
〜「鳥」にも「亀」にもなれますか? 78
 編集者稼業は「絵」になりにくい? 78
 「企画」とは何か――本の哲学、本の経済学 80
 依頼の仕方ひとつにも――原稿依頼の風景① 84
 編集者と書き手が出会うとき――原稿依頼の風景② 86
 「読者世界の使いの者」として――原稿をどう読むか① 88
 「誰」にむけて「この本」をつくるのか――原稿をどう読むか② 90
 これぜんぶ、編集者の仕事なの?――編集実務二十箇条  装幀作業の天国と地獄① 106
 装幀作業の天国と地獄② 108
 かめれおん・まんの一日――エディターは"媒介"人間 110
 「歌えない」編集者たち――オリジナリティはどこへ? 118
 出版界略年譜 122

第4章 販売・流通の現場から 123

逸材を求める営業セクション
〜出版社の15年後を決める鍵――業界はいま、創意あふれる営業志望者を求めている。 124
 なにがなんでも編集者? 124
 いま、営業がおもしろい――その差が10年後を決める 126

「営業」から出版界が見えてくる
〜ミシマ社・営業チーム・リーダー 渡辺佑一氏に聞く 130
 本屋さんにいろいろと教わり、支えていただいた日々に感謝です 130

「流通」から出版界が見えてくる
〜日本出版販売・マーケティング本部商品開発センター 馬場進矢氏に聞く 135
 絵本の世界に魅せられ、出版の世界へと導かれました 135

「書店」から出版界が見えてくる
〜ブックポート203・総括店長 成川真氏に聞く 140
 わかりやすさと楽しさ、これが本屋としてめざす理想なんです 140


第5章 出版業界はいま 145

出版業界のプロフィール
〜出版界にとって今はどんな時代なのか、フィルムを少しばかり逆回しして考えてみよう。 146
 文庫本に見る「出版文化」の変容――いま、折り返し点へ 146
 戦後風景ひとっ走り――出版史メモワール 148

出版社バラエティ
〜なんともはや⋮⋮出版界とはつまり、個性の果てしない集合体なのである。 154
 「出版村」をそぞろ歩く 154
 出版村の住人たち 156

福島第一原発事故と「この国」のメディア
〜「無知」と「無関心」が産み落とした惨禍。この国のメディアは、これまで何をしてきたのか? 166
 「3・11」後の日本人が背負ったものとは 166
 「暫定基準値」の嘘、からくりがもたらすもの 167
 「ウクライナ基準」が伝える原発事故の真実 169
 メディアの罪業―生かされなかった「この四半世紀」の声 171
 「3・11」後にこの国のメディアが続けたこと 175
 子供たちへの責任、未来への責任 178


第6章 出版業界の待遇と勤務条件 179

就労条件ひとめぐり
〜大手出版社から編集プロダクションまで、就労条件はとてもひと口には語れない。 180
 初任給はどれぐらい? 180
 編集者の永遠なるギャップ①――勤務形態をめぐって 182
 編集者の永遠なるギャップ②――時間外労働をめぐって 184
 編集者の永遠なるギャップ③――"クリエーター"と就労条件 186
 ボーナスはいくらぐらい? 188
 出版社の冬季一時金・35歳の場合 189
 出版社の将来性をどう測る? 190

業界根ほり葉ほり
〜知って楽しい話ではないだろうが、やはり業界の問題点は語っておくべきだろう。 198
 シワヨセ構造が見えますか?――下請け・減量体制の功罪 198
 「9時5時の世界」より偉いの?――ガンバリズムの損益分岐点 200
 女性編集者と出版界――暮らしが見えますか? 202
 育児休暇制度の現状 204
 新卒採用のプロセスと枠――重視される論文・作文 205

道は「新卒」のみにあらず
〜経験を積んで、次なるステップへ――「志」のむこうには無数の「扉」がある。 208
 中途採用、道ふたつ① 208
 中途採用、道ふたつ② 210

出版界が必要とする人材とは?
〜多くの課題をかかえる出版界にあって、新しい世代の課題はじつに重い。 212
 「専攻」は肩書き――学部・学科より実力 212
 これからの出版界を担う人材とは――課題山積のなかで 214
 専門・専修学校紹介 216


第7章 出版業界企業データ 219

[出版社] 
明石書店/岩波書店 220
エムオン・エンタテインメント/学研グループ 221
KADOKAWA/河出書房新社 222
かんき出版/京阪神エルマガジン社 223
芸文社/講談社 224
光文社/国書刊行会 225
実業之日本社/集英社 226
主婦と生活社/小学館 227
晶文社/情報センター出版局 228
新潮社/人文書院 229
青春出版社/草思社 230
第一法規/ダイヤモンド社 231
宝島社/筑摩書房 232
中央経済社ホールディングス/東京書籍 233
東洋経済新報社/西村書店 234
日本評論社/ハースト婦人画報社 235
ひかりのくに/白夜書房 236
福音館書店/扶桑社 237
双葉社/フレーベル館 238
プレジデント社/文藝春秋 239
平凡社/法研 240
芳文社/マガジンハウス 241
みすず書房/光村図書出版 242
ミネルヴァ書房/明治書院 243
明治図書出版/モーターマガジン社 244
山と溪谷社 245

[取次] 
トーハン/日本出版販売 246

[書店] 
三洋堂ホールディングス 247
関連情報
タグがありません