『私は、悲しみも劣情も、静やかに眺める。』

甘ったるい流行りのスピリチュアル書を抜けて、人生と真っ向から向き合う、血の巡るスピリチュアルへと!

978-4-7825-3482-3
どんな現実も受け止める、
心の在り方を求めて──
ジャンル
一般・その他  
タイトル
私は、悲しみも劣情も、静やかに眺める。
著者・編者・訳者
黒田充代著
発行
(株)Clover出版
発行年月日
2017年 10月 23日
定価
1,836円
ISBN
ISBN978-4-7825-3482-3 C0011
判型
四六判並製
頁数
280ページ

ネット書店で注文

紀伊國屋BOOKWEB
amazon.co.jp
boox store
honto
7net

著者・編者・訳者紹介

黒田充代(くろた・みつよ)
宮城県在住
目に見えるものと目に見えないもの。
世界に溢れる陰陽両極のバランスを、独自の見渡し方で捉えなおし、どんな現実も「私らしく」受け入れる中庸の心で生活している。


mitsuyoブログ
「中庸なバランスでhappy引き寄せ」

HP「hakobe〜moderate balance」

内容

すべての感情を溶かしこむ、
心の「中庸な場所」
そこには「善い」も「悪い」もなく、
ただ「私」だけがいた
──
文芸ともエッセイとも違う独特な文体が残す、揺れ動く読後感。
全編書き下ろし。280頁。

目次

第一章 なぜ中庸が必要なのか?
第二章 中庸なイメージサークルのすべて
第三章 中庸なバランスとは?
第四章 あなたの中庸を育てる方法
第五章 私の生き方
関連情報
タグがありません