『話すことが怖い。でも一人にはなりたくないんだ。』

共感の声、続出!

978-4-7825-3488-5
「自信とは何か?」「人生を変えるとは何か?」がわかる! クスッと笑えて、ポロッと涙する感動の物語。 「いつの間にか、主人公と自分が重なり、胸がえぐられた」 「話すのが苦手だからこそ、見える世界があると学んだ」
ジャンル
一般・その他  
タイトル
話すことが怖い。でも一人にはなりたくないんだ。
サブタイトル
あなたが知らない最高の自分に気づく40の言葉
著者・編者・訳者
春明力著
発行
(株)Clover出版
発行年月日
2018年 1月 25日
定価
1,512円
ISBN
ISBN978-4-7825-3488-5 C0030
判型
四六判並製
頁数
320ページ

ネット書店で注文

紀伊國屋BOOKWEB
amazon.co.jp
boox store
honto
7net

著者・編者・訳者紹介

春明 力(はるあけ・ちから)

株式会社マインドプラス代表取締役。
長崎県西海市生まれ。
幼少時、多くの失業者を目の当たりにしてきた経験から、
「働く」ことにネガティブな思い込みを強く持つ。

26歳の時、人脈も実績もないまま、貯金20 万円で起業。
東京北区十条の自宅のキッチンを事務所代わりに
ウェブサイト制作業をスタートさせる。

起業から3か月間、顧客はゼロ。
その後、テレアポ等の営業をするも、邪険に扱われる日々が続く。
仕方なく、安売りでサービスを販売し、
「安いから」という理由の顧客を抱えた結果、
早朝から深夜まで働いたにもかかわらず月収5万円の日々が続くことに。
さらに、顧客からのクレームも多く、日々腹痛を伴うストレスに悩まされる。

「安さ」と「なんでもやる」ということしか
見込み客に伝えていなかったことに気づき、
「価値を届くべき人へ届ける」ために、
ホームページの改善と、SNSをスタートさせる。
テレアポ等の営業を一切やめ、SNSとホームページだけに集中し想いを伝えた結果、
大好きなお客様だけを集客することに成功。起業から2年で事務所を恵比寿に移す。

その後、顧客の要望から講師活動を始める。
経営者に向けて開催している経営スクールは現在25期。
これまでスクールの参加者は、経営者を中心に3000人を超える。

2016年からは作家業もスタート。
現在は、講師業と作家業を行いながら、「伝えられる方法」「楽しく働く方法」を
発信し続けている。

[著書]
『ズルいほど幸運を引き寄せる手帳の魔力』(すばる舎)

内容

人生が変わっていく過程を克明に描写した、
著者の実体験に基づくビジネス小説

人は変われる。

目次

第一章 僕がコミュ症になるまで

1.話したくないんじゃなくて、言葉が見つからないんだ。
2.大事な人ほど、大事なことほど、伝えることが怖くなる。
3.言葉が怖い本当の理由は?
4.「関係ない。」って言われても…。


第二章 僕ががんばってきたことに気づくまで

5.「ラストオーダーです。」を心待ちにしていたのに…。
6.サザエさんと六本木と会社が嫌い。
7.「いいね! 」がたくさん欲しかったけど…。
8.人は、貢献したい生き物
9.貢献することを諦めた理由は?
10.なんでやるのかって?やりたいからだよ。
11.ねえ、どうすれば良いと思う?
12.悔しいってのは、がんばってないと抱けない感情だよ。
13.がんばっているのに、結果が出ないのは、能力がないってことじゃない。
14.人が人を信じる理由。


第三章 僕が世界の見方を変えられるまで

15.目的次第で、見えるものが変わる。
16.どうなりたいか?の先に、どう思われたいか?がある。
17.欲しいものを伝えないと、誰も何もできない。
18.なんでやりたいことが変わるんだと思う?
19.一度決めつけると、その理由ばかり探しちゃう。
20.嫌な人とばかり過ごしていたら、心がすり減ってしまう。


第四章 僕が幸せをつくれるようになるまで

21.僕は、ロボットなんかじゃないから。
22.これ以上迷惑かけられないから。
23.最初から、かっこよくできることなんてないんだよ。
24.新しい行動をする時は、最初はうまくいかなくて当たり前。
25.諦めるのは、誰?
26.相手が自分に興味を持ってないんじゃなくて…。
27.あんなに人が怖かったのに、会いたくなった理由は?
28.「どうなりたいか?」がわかったから、「どう思われたいか?」が必要になる。
29.結果を出すための行動を、結果が出るまで…。
30.僕にファン?ができた。
31.伝えたいことは、全部物語で。
32.伝えたい誰かがいるおかげで、伝えたい言葉が見つかる。


第五章 僕があの人の希望になるまで

33.営業成績トップよりも、嬉しいこと。
34.また、僕は一人になった。
35.自分をナメてるってことは、今まで出逢った人たちのことも…。
36.わかり合えなかったあの人も、自分と同じだったんだ。
37.どれだけがんばるか?じゃなくて…。
38.あなたは、私の希望だから…。
39.あなたが悲しいと、僕も悲しくて。あなたが嬉しいと、僕も嬉しくて…。
関連情報
タグがありません