『日本人の知らないトランプ再選のシナリオ 奇妙な権力基盤を読み解く』

気鋭の論客がトランプ劇場のこれからと日本へのインパクトを徹底分析!

978-4-7825-3506-6
「ドナルド・トランプの言動はシナリオ通りです。」
ジャンル
 
タイトル
日本人の知らないトランプ再選のシナリオ
サブタイトル
奇妙な権力基盤を読み解く
著者・編者・訳者
渡瀬裕哉著
発行年月日
2018年 9月 30日
定価
1,620円
ISBN
ISBN978-4-7825-3506-6 C0031
判型
四六判並製
頁数
232ページ

ネット書店で注文

紀伊國屋BOOKWEB
amazon.co.jp
boox store
honto
7net

著者・編者・訳者紹介

渡瀬裕哉(わたせ・ゆうや)
パシフィック・アライアンス総研所長、
早稲田大学公共政策研究所招聘研究員
早稲田大学大学院公共経営研究科修了。
トランプ大統領当選を世論調査・現地調査などを通じて的中させ、日系・外資系ファンド30社以上にトランプ政権の動向に関するポリティカルアナリシスを提供する国際情勢アナリストとして活躍。
ワシントンD.C.で実施される完全非公開・招待制の全米共和党保守派のミーティングである水曜会出席者であり、テキサス州ダラスで行われた数万人規模の保守派集会FREEPACに日本人唯一の来賓として招かれる。
著書に『トランプの黒幕 共和党保守派の正体』(祥伝社)。テレビ朝日「ワイド!スクランブル」などにコメンテーターとして出演。雑誌『プレジデント』『週間ダイヤモンド』などにも寄稿多数。

内容


2016 トランプ大統領を読み解くキーファクター

1. トランプは米国政治を「ハック」したアウトサイダー

2. 閣僚人事は、トランプを動かす勢力図


2017 就任1年目を読み解く

1. アウトサイダーから「保守派大統領」へ

2. 2017年補欠選挙・州知事選挙で大苦戦


2018 中間選挙を読み解く

1. 2018年中間選挙情勢の読み解き方

2. 過熱するトランプ政権の貿易戦争

3. 中間選挙と複雑に絡み合う「対イラン・対北朝鮮」政策の行方


2019〜2020 トランプ大統領再選を読み解く

1. 2020年大統領選挙へ

2. 4つのシナリオを深掘りする


日本の対米外交戦略は変わるのか──2020年大統領選に向けた提言

1. 日本の対米外交戦略を見直す

2. 「自由主義VS権威主義」の時代の日本の戦略構想

目次


はじめに――トランプ大統領は予測不能なのか─────3

2016 トランプ大統領を読み解くキーファクター──13


 1.トランプは米国政治を「ハック」したアウトサイダー─────14

   〇なぜ、メディアや識者はトランプ大統領誕生を予測できなかったのか─────14
   〇トランプが選挙を勝てた本当の理由─────21
   〇米国政治をハックしたトランプの選挙戦略─────29

 2.閣僚人事は、トランプを動かす勢力図─────36

   〇トランプ大統領の権力基盤─────36
   〇トランプ政権発足時の閣僚人事が意味するもの─────43


2017 就任1年目を読み解く──55


 1.アウトサイダーから「保守派大統領」へ─────56

   〇保守派との奇妙な同盟関係の深化───── 56
   〇無意味な政治ショーが隠したもの─────66

 2.2017年補欠選挙・州知事選挙で大苦戦─────78

   〇補欠選挙・州知事選挙は、中間選挙の試金石─────78


2018 中間選挙を読み解く──91


 1.2018年中間選挙情勢の読み解き方─────92

   〇中間選挙のバトルグラウンド─────92
   〇2018年1月〜2月の情勢─────98

 2.過熱するトランプ政権の貿易戦争─────106

   〇「共和党は保護主義に転換した」というデタラメの蔓延─────106
   〇貿易戦争を正当化するための論理と実際─────112
   〇2018年トランプの対中貿易戦争の展開分析─────119

 3.中間選挙と複雑に絡み合う「対イラン・対北朝鮮」政策の行方─────133

   〇外交と内政が相互に影響を与える米国の政治構造─────133
   〇なぜ米国と北朝鮮は手打ちを行ったのか─────142


2019〜2020 トランプ大統領再選を読み解く──163


 1.2020年大統領選挙へ─────164

   〇2020年大統領選挙と連邦議会議員選挙の基本的な構図─────164
   〇共和党大敗の分かれ目となる上院選挙区の分析─────171
   〇中間選挙後に予想される4つのシナリオ─────174

2.4つのシナリオを深掘りする─────178

   〇共和党上院勝利・下院敗北のシナリオ─────178
   〇共和党が上下両院で勝利するシナリオ─────183
   〇共和党上院敗北・下院勝利のシナリオ─────188
   〇共和党が上下両院で敗北するシナリオ─────194


日本の対米外交戦略は変わるのか――2020年 大統領選に向けた提言──205


 1.日本の対米外交戦略を見直す─────206

   〇米国の政局に振り回される日本─────206
   〇二重・三重の対米外交チャネルを構築せよ─────211

 2.「自由主義VS権威主義」の時代の日本の戦略構想─────217

   〇外交のイニシアティブをとるための条件整備─────217
   〇日本人の生命・財産をどう守るのか─────224

 あとがき─────228

カテゴリ[一般書・ビジネス書]関連書籍
関連情報
タグがありません