『生保・損保──2020年度版』

厳しいビジネス環境=超長寿時代、
自然災害の激増、マイナス金利
さらに問われる商品化の智惠、グローバル化、AI、loT化、
最新動向から基礎知識、生損保約70社のプロフィールに加え、
データランキングや待遇・採用試験の実態まで、内容充実!
人事部のメッセージ、内定者の肉声も掲載

978-4-7825-3508-0

●最新情報を更新し毎年リニューアル!
●業界研究書の定番!

本シリーズは業界研究書のトップブランド。
最新データにもとづく業界動向や、業界・主要企業の成り立ち、
仕事の内容、働き方などをわかりやすく解説する定番書として、
発刊以来、就職活動はもちろん、新人研修や取引先のリサーチなどに幅広く活用されてきました。

ジャンル
産業と会社研究シリーズ  
タイトル
生保・損保──2020年度版
サブタイトル
産業と会社研究シリーズ 2
著者・編者・訳者
千葉 明 監修
発行年月日
2018年 12月 31日
定価
1,404円
ISBN
ISBN978-4-7825-3508-0 C0334
判型
四六判並製
頁数
224ページ

ネット書店で注文

紀伊國屋BOOKWEB
amazon.co.jp
boox store
honto
7net

著者・編者・訳者紹介

監修者紹介  千葉明(ちば・あきら)

経済ジャーナリスト。1949年群馬県前橋市生まれ。73年明治大学政経学部卒業。同年、日本短波放送入社。75年末同社退社後、76年経済評論家・亀岡太郎氏に師事。82年に有限会社オフィス・エーシーを設立・独立し、ジャーナリスト活動を開始する。
「現代」「フォーブス」「プレジデント」「BOSS」「エコノミスト」「エルネオス」等、総合誌、ビジネス誌で著述業を展開するのと同時に、ラジオ日経、ラジオ日本等でキャスター・コメンテーター活動を行う。また要請に応じ、各種「講演・セミナー」活動も実施中。
[著書]
『野村証券・企業部』『不況にも強い一流の経営』(かんき出版)、『総合証券の勝ち残り戦略』(東洋経済新報社)、『男が勝負するとき』(世界文化社)、『金融業はこう変わる』(日本能率協会)、『ザ・ノンバンク』(実業之日本社)、『円闘』『よくわかる生保・損保業界』(日本実業出版社)、『こんな銀行はやめなさい』(河出書房新社)他多数。

内容


業界研究クイズあなたの業界研究習熟度診断
緊急レポート海外進出の勝算、AI・loT化へのビジネスシフト、新商品開発
生保・損保の基礎知識業界の歴史や保険商品など、おさえておきたい基本を紹介
生保・損保業界各社のプロフィール国内および外国生保・損保ほか約70社の沿革を一挙掲載
生保・損保ビジネスのしくみ業界の基礎知識。収入と支出の内訳は? 保険会社の収益構造がわかる!
生保・損保業界ランキング2017年度の各社経営データから業界の現状を探る
生保・損保社員の素顔新人から中堅社員まで、現場の仕事と実際とは?
業界各社の研修・女性の登用活躍の場広がる。人を大切にする保険業界には充実した制度がある
生保・損保業界の待遇と勤務条件各社の初任給・賞与・勤務時間・休日休暇が一覧に!
生保・損保業界に入るには採用試験の流れを網羅、先輩&人事からのアドバイスも
生保・損保業界企業データ

目次

関連情報
タグがありません