『化学──2020年度版』

半導体を支える化学品素材
「CASE」と次世代タイヤ
世界のトップ50に日本の8社がランクイン!
最新情報・企業紹介・勤務条件満載の1冊!

978-4-7825-3515-8

●最新情報を更新し毎年リニューアル!
●業界研究書の定番!

本シリーズは業界研究書のトップブランド。
最新データにもとづく業界動向や、業界・主要企業の成り立ち、
仕事の内容、働き方などをわかりやすく解説する定番書として、
発刊以来、就職活動はもちろん、新人研修や取引先のリサーチなどに幅広く活用されてきました。

ジャンル
産業と会社研究シリーズ  
タイトル
化学──2020年度版
サブタイトル
産業と会社研究シリーズ9
著者・編者・訳者
化学産業研究会編
発行年月日
2018年 11月 30日
定価
1,404円
ISBN
ISBN978-4-7825-3515-8 C0334
判型
四六判並製
頁数
192ページ

ネット書店で注文

紀伊國屋BOOKWEB
amazon.co.jp
boox store
honto
7net

内容


業界研究クイズ“化学業界編"あなたの業界研究習熟度
化学業界の仕事人たち第一線で活躍する人たちの人生と仕事
化学業界最新レポート岐路に立つ化学業界の課題と展望
化学業界を知る基礎知識化学業界のあらましを解説
化学業界主要企業プロフィール有力企業の現状と戦略
化学業界の待遇・勤務条件初任給から休日・休暇、福利厚生まで
化学業界の求める人材各社人事からのメッセージ
化学業界企業データ ほか

目次



化学業界研究クイズ 2
はじめに 5

第1章 化学業界の仕事人たち 15

ドキュメント仕事人❶ 旭ファイバーグラス・河本卓真 16
ドキュメント仕事人❷ 住友化学・松崎雄一 20
ドキュメント仕事人❸ 三井化学・北島健志朗 24
ドキュメント仕事人❹ 三菱ケミカル・角田恭子 28

第2章 化学業界最新レポート 33

世界最大の化学メーカー「ダウ・デュポン」誕生 34
 米国の老舗2社がタッグ 34
 キーワードは相互補完 36
 汎用品のダウ、機能製品のデュポン 37
 農薬・種子・化学 38
 中国の台頭と野望 39
 中国市場のポテンシャル 40
 第三の合併劇 40
 三国時代へ 41
 日本の生きる道は 41

次世代ディスプレイの本命か? 有機EL 43
 新型テレビ、新型iPhoneに採用 43
 極薄画面、鮮明な表現 44
 立ちふさがるコスト 44
 「塗り分け」か「べた塗り」か 46
 実用化待たれる印刷方式 47
 日の丸連合の勝機は 47
 有機ELの未来はバラ色か 48

「脱ガソリン」自動車の大本命、EV 50
 内燃機関の終わり? 50
 化学業界には福音  51
 EV各論① 電池――リチウムイオン二次電池と「主要4部材」 52
 EV各論① 電池――電池の要 正極材 53
 EV各論① 電池――日系が圧倒的シェア セパレーター 54
 EV各論① 電池――中国勢が台頭 電解液 56
 EV各論① 電池――炭素からシリコンへ 負極材 57
 EV各論① 電池――LiBの常識変えるか 全固体式電池 58
 EV各論② 車体材料――軽量化につながる新素材 炭素繊維 59
 EV各論② 車体材料――航空機から自動車にも 60
 EV各論② 車体材料――加工技術に着目 60
 EV各論② 車体材料――樹脂の選択 熱硬化性か熱可塑性か 61
 EV各論② 車体材料――何をいかに組み合わせるか 61
 FCV――もう1つの次世代カー 62
 FCV――まず自動車、将来は発電用途にも 63
 FCV課題①――水素の輸送・貯蔵 64
 FCV課題②――水素の製造 65
 FCV課題③――車体価格 65
 フール・セル? 67
 未来の社会設計 68

新素材「セルロースナノファイバー」への投資が加速 69
 原料は植物だが、変幻自在の性質で用途の可能性が広がる 69
 次々と立ち上がるCNF関連のフォーラム 70
 生産コストを下げる工夫 71
 自動車業界も徐々に本腰を入れ始めた  73


第3章 化学業界を知る基礎知識 75

化学業界とは何か 76
 化学工業とは 76
 化学+鉄+ガラス=素材産業 76
 自動車とともに日本の基幹産業――営業利益率、研究開発費はトップ 78
 化学の隣接領域――鉄鋼、非鉄、窯業、石油精製 79
 化学品の分類 80
 有機化学・無機化学――主流は石油化学工業 80
 石油化学工業の概要――原油からナフサに、ナフサからエチレンに 82
 高分子材料①――プラスチック 83
 汎用プラスチックの特性と用途 84
 エンジニアリングプラスチックの特性と用途 86
 熱硬化性樹脂の特性と用途  87
 プラスチックの成形加工 88
 高分子材料②――合成繊維 90
 高分子材料③――合成ゴム 92
 汎用ゴムの特性と用途 92
 特殊ゴムの特性と用途  93

化学技術のポテンシャル 94
 日本化学会の取り組み――「化学の日」の制定、「化学遺産」の認定 94
 石油化学協会の取り組み――「石油化学」から「循環炭素化学」へ 95
 化学工業協会の取り組み――化学製品によるCO2排出削減貢献度 97
 植物からプラスチックに 98

化学工業の歴史《欧米》 99
化学工業の歴史《日本》 103


第4章 化学業界の主要企業プロフィール 111

三菱ケミカルホールディングス 112
住友化学 114
三井化学 116
旭化成 118
旭ファイバーグラス 120
花王 122
帝人 124
東ソー 126
東レ 128
日立化成 130
富士フイルムホールディングス 132
三菱ガス化学 134
ユニ・チャーム 136
ライオン 138
DIC 140
JSR 142


第5章 今、注目される企業 145

リンテック 146


第6章 化学業界の勤務条件と待遇 149

初任給 150
勤務時間、休日休暇 153
福利厚生 156


第7章 化学業界の求める人材 157

人事は採用をこう考えている 158
 住友化学 159
 三井化学 163
 三菱ケミカル 167
 リンテック 171


第8章 化学業界企業データ 175

アース製薬/旭硝子 176
旭ファイバーグラス/エステー 177
CBC/JNC 178
JSR/JXTGエネルギー 179
住友化学/住友ベークライト 180
大日精化工業/帝人 181
東海カーボン/東ソー 182
東邦化学工業/東レ 183
トクヤマ/長瀬産業 184
日東紡績/日本ゼオン 185
長谷川香料/日立化成 186
藤倉化成/富士フイルム 187
保土谷化学工業/三井化学 188
三菱ガス化学/三菱ケミカル 189
ユニ・チャーム/リンテック 190
関連情報
タグがありません