『どうしてこの国は「無言社会」となったのか』

電車で足を踏まれたのに、無視されたことありませんか?


他人と口を利かない人が増えている、そんな「無言社会」の今を読み解く


社会派エッセイ

ISBN978-4-7825-7103-3
電車で足を踏まれたのに、無視されたことありませんか?

他人と口を利かない人が増えている。満員電車で足を踏んでも謝らない、エレベータでドアを押さえてあげても無言、いつからこんな世の中になってしまったのだろうか。
あちこちにあふれかえっている「無言社会」の原因を探りながら、いかに気軽に声を出せる社会を作っていくかを考察する。
ジャンル
vita  
タイトル
どうしてこの国は「無言社会」となったのか
著者・編者・訳者
森 真一著
発行年月日
2013年 1月 5日
定価
1,404円
ISBN
ISBN978-4-7825-7103-3 C0036
判型
四六判並製
頁数
178ページ

ネット書店で注文

紀伊國屋BOOKWEB
amazon.co.jp
boox store
honto
7net

著者・編者・訳者紹介

森 真一(もり・しんいち)
1962年生まれ。神戸市外国語大学卒業後、関西学院大学社会学部卒業。同大学院社会学研究科博士課程修了。博士(社会学)。現在、皇學館大学文学部コミュニケーション学科教授。専門は理論社会学、現代社会論、消費社会論。

内容

第1章 「無言社会」という時代
第2章 声を出さない理由
第3章 これからも「無言」でやっていけるのか
第4章 「無言社会」を越えて
カテゴリ[vitaシリーズ]関連書籍
タグがありません